Img20080501192726
この膨大な石の中から、花壇の石垣にする石を探す・・・
Img1b20080501192726
堰堤の上からみると、岩魚が泳いでいるのがわかります。
今日も暖かい一日。
花壇の境の木の杭が腐ってきたので、石に変更。河原に石を拾いに行きました。
砂防堰堤のダム(?)では、大きな岩魚がたくさん泳いでいます。
でも、見通しの良いこのような場所では、水が濁っている時の方が、釣りやすいそうで・・・
「今度雨が降ったら、釣りに来よう。」と、ポニーが呟いておりました。
Img20080502185839
大きな木です。
今日は、お客さまのご夫婦と、巨木&山野草めぐりをしました。
大きな木を見て圧倒され、小さな山野草の愛らしさに思わず微笑む。。。
両者に共通するのは、同じ場所でただ黙々と生き、そして静かに土に還る者に対する感動でしょうか。
Img20080503194902
庭の桜が満開。
Img1b20080503194902
落葉松と白樺の新緑がきれい。
Img1c20080503194902
我が家の上の曽倉地区。
桜が満開になりました。
今年は、桜がなんだか早い。。。
寒い寒いと思っていたら、急に暑くなってしまって、植物も戸惑っているようです。
我が家の裏の坂道を上がっていくと、曽倉地区。高台で見晴らしの良い場所で、今は桜と穂高のコントラストがとても素敵。夏には、一面に咲いたソバの花の向こうに穂高が見えます。
お散歩にもおすすめの場所。
Img20080504221906
Img1b20080504221906
タラの芽を採りに行った林の中で、「一人静」が群生しているのを見つけました。
静御前の美しい舞姿に例えられて名付けられたこの花。
薄暗い林の中でひっそりと、しかし毅然と咲いている姿には、この名前がとても似合っています。。。