Img_614122c22d5d9a7275b28d5fcff5aac5e1f33648
穂高が白い。。。
Img_8243d1cf35a3f56789068952ac00e918f05e5a9f
寒いので、なべやんさんにいただいた人参で、
Img_b59500b2c1ea2ca3af47ec3edd3d9ba30a00e44f
辰巳レシピの人参ポタージュ。今回は成功◎
早いもので、もう11月。。。
朝起きると穂高が真っ白で、ポニーが嬉しそう。
はりきって薪割りを始めたスキに、私は眼科へ。コンタクトデビュー。
普段は裸眼で平気ですが、運転や遠くを見たい時は、めがね必須。
最近では、厨房から玄関のお客さんの顔が認識できず。
スキーをすれば、雪面が見えない。あっちで手を振ってるの誰かわからない。
加えて鼻が低いせいか、メガネとマスクが共存できず。。。(どんなマスクを使っても絶対メガネがくもる。)
笑い話ではありません。ひどい花粉症には致命的(^^;)
ってことで、コンタクト。今日一日、使ってみましたが・・・
こんなに楽なら、もっと早くコンタクトにすればよかった。。。

なべやんさん。ニンジンおいしいっ。ごちそうさまです(^^)
Img_7e04f26ec271825d76e28a7c4997f37790eabc24
やってきました。赤カブシーズン。刻むのが一苦労。
Img_ab13d04293d906835dd69058cd2980c05c3c35b1
一晩、塩漬けしたあと、お酢とお砂糖で本漬け。
奈川の伝統野菜「保平カブ」。飛騨カブとはちょっと違う赤カブ。
種が市販されているのものではないので、
「お~ばちゃんっ、カブの種わけてっ。」
と、畑のお師匠さんに、育てる意欲をちらつかせてみるのですが・・・
「そこの畑じゃ、どーせろくな物は育たんずら~。いーよぉ。ウチで一緒に作ってやるで。」
という言葉に、結局、毎年甘えさせてもらっています。。。
その赤カブが昨日、収穫されまして。手にマメを作っての大量の刻みの作業。
今日は、ソルンテ一家と、ふみちゃんのママ友と、お庭ランチの予定だったので、お菓子を何種類か作ろうと画策していたのに・・・
カブを刻み終えたのは23時近く。お菓子どころでは、なかった。くすん。
しかも、お庭ランチの風景、ネコの群れに襲撃されて、写真がちゃんと撮れてなくて・・・orz
あぁ、なんだかふんだりけったり。
Img_1eb6dd84d75288753e35aa870ce1a5151877db2c
すすきの道を進んでいくと、
Img_5bd25c2a871bc608d397667a445a599cf703c100
ダケカンバの名残の黄葉が輝いて、
Img_c25384b1372d4499db5ad3eb93866dd8fe7feabc
クマザサの斜面を、ザワザワと風が駆け上っていく、
Img_60d56d92762f04d474250f08e442e02ded790759
晩秋の月夜沢峠。
年に必ず一度は行きたいなぁ・・・と思うのがこの峠。
訪れる人のほとんどない、静かな峠。
今年は、途中の道で間伐作業を行っていたので、無理かなと思っていましたが、作業が終了したようで、なんとか雪が降る前に訪れることができました。
それにしても、今日の暖かさ(暑さ?)は一体・・・
雪降るのかなぁ。ちょっと心配になってきました。。。
Img_8f42f1a5b945077c9448a414f842b1a7700d27c4
障子の張替え。しっかりぬらして剥がすのがコツ。
Img_b86727168e9cc4e14869f4ef43c9cf097e1dcbc3
最近は、刷毛のいらない糊、一枚張りのできる紙で、お手軽◎
Img_d3ba5a43c27b6e449533630b8084f6c4eb816215
障子がきれいになると、気分が良い。
客室の障子が、汚れてきていてずっと気になっていました。
今日はタイミングよく雨。
どうせ外回りの仕事はできないので、障子の張替え。
子供のころ、障子の張替えはちょっとしたイベント。
一番下っ端の私は、いつも古い紙を剥がす係りで、兄達がやらせてもらう糊係りをやってみたかったものです。刷毛でサンに糊を置いていくのも、ちょっとしたコツがいるので、これができるようになると一人前になった!という気がしました。まぁ、最近の糊は刷毛を使いませんが。。。
剥がすのも、糊を置くのも、紙を張るのも、意外と美しく効率よく行うには、頭を使う作業で没頭します。張り終えた真っ白い障子は、清々しくて達成感もあり、楽しい。
今日は、一日中ポニーと二人で障子を張りまくりました。